Honest Dealing

何故詰まるの?トイレ詰まりは3つの原因で惹き起こされる

トイレに流すものの分量

トイレが詰まる原因は様々です。中でも多いのは流してはいけないものを流してしまう場合ですが、こうした規定外の使用を避けて正しい使い方をしても、どうしても詰まってしまう場合があります。まず、流す汚物やトイレットペーパーが想定された分量を越えて流されてしまった場合、トイレ詰まりが発生する可能性が高くなります。これらは細い排水管を通って下水に流されるのですが、量が多過ぎると水で流されずに排水管に留まってしまい、水流による圧力が加えられて固形化してしまうためです。

トイレを流れる水の水量

便器の汚物を流すための水は、厳密に分量が決められて管理されています。これが少な過ぎると汚物やトイレットペーパーを流すための水流が足りずに、排水管にこれらのものが留まって詰まってしまいます。概して水流は勢いがある方が良いのですが、水道費がかさんでしまうようになり、またある一定以上の水流は意味が無くなるため、単に水流を強めれば良いというわけでもありません。トイレを設置した際に提供された水流の設定は無闇やたらに変えずにそのまま使用するのが、トイレ詰まりの発生率を最も抑える最良の方法だと言えるでしょう。

トイレは複雑な構造を持っている

トイレは下水道からの汚水や悪臭の逆流を防ぐため、複雑な構造を持っています。特に大きく下方へうねっているせきや下水道へ繋がる排水パイプ直前の溝などは構造上無くてはならない一方で、どうしても詰まりが発生しやすいような形状になっています。こうした構造に、先述した想定を超える分量のトイレットペーパーや汚物が流れてきたり、押し流す水流が足りなかったりすることが合わさってトイレ詰まりは発生します。構造の観点からは、トイレに詰まりは宿命付けられているとも言えます。とにかく使用上の用法を守りつつ、トイレ詰まりが発生したら適切に対処していくしかありません。

キッチンで水漏れトラブルが起きる原因は、配水管や給水管の接続部の破損やパッキンというゴムの劣化などの理由が多いです。