Honest Dealing

独立のための代理店を選ぶ時のポイントーその3選

経験を活かすことを優先

独立開業に向けて代理店を選択するには、全く未知のものではなく、知識と経験のある分野や業種を選ぶことです。独立は売り上げを確保しなければなりませんが、それ以外にも会社の登記や事務所を持つのであれば不動産なども当たらなければなりませんし、雑用が一挙に増えるものです。知識と経験があれば、これまでの人脈も使える可能性もありますから、心に少しは余裕がもてます。何よりも勇気づけてくれるのは、第一号の顧客の獲得なのです。

家族の賛同を得ることができる業種

利幅がある代理店であっても、家族の賛同を得ることができないものは避けることです。独立するということは、サラリーマン時代とは生活が一変してしまいます。家族の協力を得なければならない時も出てくるものです。サラリーマンの時には、仕事の話しをしたことがなくても、仕事の進捗状況を話したくなる時もあるものです。そのためにも、最初にどのようなビジネスを始めるということを、家族に説明して賛同を得ておくことは絆を強めることになります。

単月の利益が早い代理店

会社勤めの退職金を元手に独立をしても、開業にともなう準備で何かと出費が重なるものです。資金があるうちは余裕もありますが、この期間は短いと考えておくのが無難です。従って、代理店を選択する時には、早く収益の上がるビジネスを選ぶことです。大きな手数料が入るものは、販売に時間がかかります。小さな金額の手数料は、比較的入金が早いものが多いのです。また、販売から手数料の支払いまでを確認しておくことを忘れないことです。

代理店の募集の情報は一括検索サイトが便利ですが、仕事をしたい企業のサイトにもその情報がのっていることがあります。企業の特徴がわかるのが良いのですがリスクに関して書かれていないこともあるので注意します。