Honest Dealing

自作の電気製品つくりがちょっとしたブーム

自分で電気製品なんかつくれるの?

いま理系のエンジニアなどの間で電気製品造りがちょっとしたブームになっています。一口に電気製品造りといってもそのやり方や嗜好は様々でまず市販の電化製品を分解して仕組みを知り、壊して家族からクレームがこない程度に電気製品のバージョンアップや改良を試みるものから、市販の工作キットを組み立て仕組みを楽しむものなど様々なやり方で電気製品造りを楽しんでいるようです。またホームセンターで部品を買ってきて家の照明に感知センサーをつけて自動で照明の点灯可能にしてみたりなど、その仕組みを知りながら楽しむ電気製品もあるようです。

自作の電気製品は、まず分解や工作キットから

電気製品と言えば、かつてはその製品は電機メーカーの独壇場で、電気製品を個人で作るという発想はその道の専門家か、専門に携わっているエンジニアに限られたものでした。しかしかつてラジオパーツを組み立て、自作のラジオなどを組み当てた工作キットがマニアの間で流行ったようにパソコンなどの組み立てキットも出回っており、自分オリジナルの電気製品の制作が趣味として話題になっています。これは家で使う電気製品の中身がどうなっているのだろうという尽きせぬ興味から、その工作キットで仕組みを勉強し、市販の電気製品を改良、改善して趣味で自分オリジナルの電気製品を作ってみたいという人たちが増えているからです。

自分オリジナル電気製品当たればビジネスにも

家庭の中などでこれだけの電気製品に囲まれていても、ちょっとした使い勝手で不満をお持ちの方々も結構多いと思います。自分オリジナルの電気製品を作るという発想は中々夢のあることではないでしょうか。いまインターネットの発達で様々ものが、便利に、手軽に手に入り、その情報も豊富になってきています。趣味と実益を兼ねて自分オリジナルの電気製品の開発にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。まずは工作キット、身近にある分解できそうな家電製品の分解などから始めてみるのも面白いかと思います。どんな単純そうな家電製品でも市場に出回っているからにはその工夫があります。そこから勉強し、自分オリジナルの電気製品ができたら最高の楽しさが味わえますよね。

プリント基板実装というのは、プリント基板に動作させるための回路や部品を取り付けて動作するように作ること言います。