Honest Dealing

普段、何気なく目にしている倉庫というものについて考えてみれば

穀物倉から始まった倉庫というものの歴史

倉庫というのは、いろいろな物をしまっておくための建物のことで、昔は倉あるいは蔵と呼んでいたものですね。倉庫というものの歴史を観てみれば、穫り入れした穀物をしまっておくために設けられた穀物倉、というものがその原点となっている、と言えるのではないでしょうか?というのも、人類の文明というものは、農耕というものが行われるようになって始まったものだからで、収穫された穀物をしまっておくことで、食糧の貯蔵というものが可能となり、このことによって、長期的な計画による社会の運営というものができるようになったのです。

倉庫とは在庫を保管しておくための場所

物を貯蔵しておける倉庫というものを持つことによって、長期的な計画による運営というものができるようになります。このことは、物品を販売している店舗や会社が、在庫というものを抱えていることを考えてみればよくわかりますね?というのも、計画的な商品販売をするためには、その販売予定数を見積もっておいて、その分の商品を在庫として確保しておく必要があるからです。この在庫を保持しておくために必要となる場所が、倉庫であるわけなのですね。

港に倉庫がたくさんあるわけとは?

その在庫の規模が大きくなれば、店舗や会社の社屋から独立した専用の倉庫を設けて、そこに在庫となる商品を保管しておく、ということになります。実は、港などにある大きな倉庫というものも、この大規模な在庫商品を保管しておくためのものなのですね。何故、港には大きな倉庫がたくさんあるのかといえば、港というのは貿易船が出入りして、輸出入される商品が積み下ろしされるところですから、当然に、そうした大量の商品を一時保管するための倉庫が多数、必要とされるためなのです。

物流とは「物的流通」の略で、生産物やサービスが生産者から消費者に納品されるまでの業務の流れを意味します。