Honest Dealing

システム開発というものの実際を考えてみるならば・・・

システム開発の大半は注文を受けて行う受託開発

システム開発の大半は、ユーザー企業などからの注文を受けて、その企業のためのシステム開発を行う受託開発、というものになっているわけですね。このために、まず最初にユーザーから聞き取りを行って、要求定義仕様書というものを作成し、ユーザー企業の要望を取りまとめ、ユーザーの了承を得た上で、それを元にシステム化のための基本設計に入るわけです。この基本設計が出来上がったら、後は段階的に詳細な設計を行って、実際にそれをプログラムで書けるようになるまで、詰めて行くことになります。

システム設計をしてからプログラムを書くという大原則

受託によるシステム開発というものは、あくまでもお客さんのためのシステムを作るわけですから、ユーザーの要望に合っていないものを作ってしまっては、お話になりませんね。とかくシステム開発というと、プログラミングのことばかり考える人が少なくないのですが、お客さんの要望にかなったシステムというものは、システムの設計で決まるものです。このシステム設計をいい加減にして、プログラムを書いてしまうと、お客さんの要望からズレたシステムが出来上がってしまったりするので、ちゃんとシステム設計をしてからプログラムを書く、という原則はしっかりと守っていなければならないのです。

システム開発はプログラミング技術の腕比べにあらず

システム開発というのは、プログラミング技術の腕比べではありません。ところが、そこのところを誤解している人がシステム開発のマネージメントをしていたりすると、ピント外れなしステムを作ってしまって、お客さんからやり直しをさせられてしまう、といったことになってしまったりします。受託のシステム開発というのは、あくまでもお客さんの要望を満たしたシステムを作ること、という大原則を忘れてはならないのですね。プログラミングの技術は並みレベルでも、ちゃんとお客さんの要望を満たしているシステムが作れれば、それで十分なのです。

notesのマイグレーションは最適な方法で新システムに移行出来るようにサポートも充実しているので非常に便利です。