Honest Dealing

高齢者を守る!オンタイムで対応する遠隔監視や防犯システム

防犯カメラに期待されること

高齢者だけで住んでいたりする場合には、外出時であったり夜間であったり、防犯対策が必要になります。空き巣や泥棒が入ってこないように、犯罪がおこなわれる前に未然に防ぐのが防犯カメラです。犯罪がおこなわれていることを映し出すのが目的ではなく、そのような状況にならないように設置されるのが趣旨です。そのため最近では、防犯カメラも人を追って動いたり、人が近づいてきたら電灯がついたりするような機器が販売されています。

警備会社が監視すること

しかし最近では防犯カメラで撮影するだけではないシステムのものもあります。警備会社が提供するカメラの中には、オンタイムで防犯カメラを監視して、異常があれば現場に向かうというものがあります。またこのような防犯対策の面以外にも、同時に家の中にもボタンがあって、異常が発生すればそれが警備会社に直接連絡されるものもあります。外出から家に戻って入った際に強盗がいた場合等には、そのようなボタンがあることで警備会社に連絡することができます。

高齢者には必要なシステム

このように以前からあるような防犯カメラの働き以外に、最近ではオンタイムで異常を見地して対応するものが多くなっており、高齢者だけの生活であっても安心して過ごすことができるようになっています。少子化と高齢化が進んでいる現代は、このような高齢者だけで生活している家も増えてきています。高齢者だけの生活であれば万が一のことが起きるケースも考えられます。介護する人がいない家庭においては、このような遠隔で監視してくれるような仕組みが有効です。

近年急速に数を増やしている防犯カメラですが、進歩も速く、高感度特性が高くなっています。暗闇でも人を認識する技術が犯罪抑止力となる日は近いです。