Honest Dealing

SEOは検索エンジンのためでは無く人のため!?その理由と内容とは?

検索エンジンの向上は人のための向上

検索エンジンは日々進化をしている物であり、ホームページ運営者はこの進化について行く必要性がありますよね。難しい様に思われますが、検索エンジンの向上と言うのは、ユーザーの利便性についての向上を目指しています。ホームページ運営者で陥りやすい内容の一つに、自分が持ち合わせている価値は万人に必ず受け入れると言う誤った判断ですよ。この様な考え方でいれば、ユーザー目線を失う可能性が高くあります。つまり、これは検索エンジンからの評価を失ってしまう可能性もあるため、必ずユーザー目線に立ちユーザーの利便性を満たせるようなコンテツ作りが大切と言えるでしょう。

検索エンジンの考え方は昔から変わらない

検索エンジンは日々進化をしていますが、基本的な考え方と言うのは従来から大きく変わっている事はありませんよ。その基本的な考え方と言うのは、あるページに対してリンクが貼られていればそのページは重要な内容と言う考え方です。ただし、近年はリンクを張っているページの内容についても重用視している傾向があります。人の目で見ても当たり前の考え方ですが、例えばりんごを紹介しているページに対して、洋服を紹介しているページからリンクを貼られていても関連性はありませんよね。洋服を紹介しているページを見ている人にとってはりんごを紹介しているページは興味が無く、価値の低いリンク先と言えます。つまり、検索エンジンも同じ考え方であり、リンク元とリンク先の関連性を強める事が重要なポイントと言えるでしょう。

リピータと滞在時間がSEOで大きな要因となる

SEOでは外部リンクの獲得が大切な要因の一つになりますが、それ以上に重要と言われているのがリピータと滞在時間が関係しますよ。これも人の目で当たり前の話しですが、実店舗において人気のあるお店であれば再び訪れる人も多ければ、お店で過ごす時間も長くなる事もありますよね。つまり、たとえある検索キーワードでトップを維持してても、次に表示されるホームページにおいて多くの方が滞在時間が長く、再び訪れる人が多ければトップの座が奪われてしまうリスクがあります。リピータの獲得と言うのは、ユーザー自身の価値判断にも影響を与えるため運営者側が難しい事もありますが、滞在時間を伸ばす方法は運営者側が行える事ですので必ず質を高めて行く事が大切と言えるでしょう。

ホームページ作成とSEOは専門の業者に依頼をすることで、集客が可能なサイトを仕上げることが出来ます。